カテゴリー別アーカイブ: Tips

CubeNote のデータ復旧方法

CubeNote では、データが消失しないように細心の注意を払って作成していますが、何らかの理由で稀に、これまでに書き留めたノートが表示されなくなる場合があるようです。この記事では、ノートが表示されなくなった時のデータ復旧方法について記載します。

尚、この機能は CubeNote 0.1.1β で導入されました。CubeNote 0.1.0βを使用しているユーザは最新版へのアップデートをお願いいたします。

データフォルダの確認

まず始めに、データフォルダが正常に設定されているかどうかを確認し、保存場所と異なる場所が設定されている場合は正しいフォルダを再設定します。データフォルダは、CubeNote 右上の設定ボタンから設定画面を開き、「その他」タブの「データフォルダ」の項目で確認する事ができます。

CubeNote データフォルダの確認

データフォルダの初期値は C:\Users\<ユーザ名>\AppData\Local\CubeSoft\CubeNote です。尚、一度も設定を変更した事のないユーザは、この確認はスキップしても構いません。

CubeNoteRecovery の実行

次に、CubeNoteRecovery をダブルクリックして実行します。CubeNoteRecovery は CubeNote をインストールしたフォルダにあります。

CubeNoteRecovery の実行

処理が正常に終了した場合、CubeNote が起動しますのでノートが表示されているかどうかご確認下さい。尚、CubeNoteRecovery で復旧可能なものはノート自体のみとなっています。タグ情報に関しては、現段階では残念ながら復旧する事はできません。

それでも復旧できなかった場合……

CubeNoteRecovery で復旧できなかった場合は、残念ながら、現段階では自動で復旧する方法はありません。CubeNote は、内部的には 1 つのノートを 1 つのテキストファイルとして管理しています。データフォルダの Inbox フォルダにある各種ファイルが各ノートに対応していますので、お手数をおかけしますが、該当のファイルをメモ帳等のテキストエディタで開く等して、手動でのデータ復旧をお願いいたします。

手動によるデータ復旧
カテゴリー: CubeNote, Tips

CubeNote の設定項目一覧

このページでは、CubeNote で設定の変更可能な項目について説明します。設定を変更するには、まず、CubeNote メイン画面右上の「設定」ボタンをクリックして、設定画面を表示させます。

CubeNote の設定画面

この画面上に表示されている項目を変更する事で、CubeNote の外観や挙動をカスタマイズする事ができます。尚、設定画面左下の「初期値にリセット」ボタンを押すと、これまでに行ったカスタマイズを破棄し、インストール直後の設定が復元する事ができます(ただし、「データフォルダ」の項目は除く)。

一般

フォント

フォントボタンをクリックすると、使用するフォント名、フォントサイズ等を選択するための画面が表示されます。この項目で設定した内容は、メイン画面の入力(テキストエディタ)部分、および「印刷」ボタンをクリックして印刷する際に使用されます。

各種色

「背景色」、「テキスト色」、「URL 色」、「強調 背景色」、「強調 テキスト色」、「検索 背景色」、「検索 テキスト色」の 7 つの項目は、メイン画面の入力画面の各種色を設定します。

色の設定を変更した様子
  • 背景色、テキスト色
    入力画面の背景およびテキストの基本色を設定します。
  • URL 色
    ノート中で URL と認識された部分の色を設定します。 尚、CubeNote では URL をダブルクリックした時に、その URL の示す Web ページを既定ブラウザ(Web ブラウザ)で開くと言う機能を提供しています。この機能の、有効・無効の設定については、「その他」タブで行う事ができます。
  • 強調 背景色、強調 テキスト色
    テキスト部分をマウス等で範囲選択した時の色を設定します。
  • 検索 背景色、検索 テキスト色
    検索画面の「検索する文字列」で指定した文字列に一致した部分の色を設定します。 尚、これらの表示は検索画面を閉じると消え、通常の背景色、テキスト色で表示されるようになります。
  • 表示

    タブ幅

    キーボードの「タブ (Tab)」キーを押した時に、何文字分だけ右に移動するかを設定します。この時、「タブの代わりにスペースを挿入する」チェックボックスを有効にすると、タブキーを押す度に、設定した個数の半角スペースが挿入されるようになります。

    テキストを右端で折り返す

    この機能が有効な場合、文字数の多い行を途中で折り返して表示するようになります。例えば、「テキストを右端で折り返す」チェックボックスを無効にした場合と、有効にして文字数を 50 に設定した場合との比較画像は以下のようになります。

    折り返し機能

    また、この時「ウィンドウ幅に合わせる」チェックボックスを有効にすると、現在の画面の大きさに収まるようにテキストを折り返します。

    行番号を表示する、目盛りを表示する

    この機能が有効な場合、行番号(入力画面の左側)および目盛り(入力画面の上側)を表示します。また、行番号・目盛りを表示している領域の背景色、テキスト色を変更する事も可能です。

    行番号と目盛り

    各種強調表示

    「対応する括弧を強調表示する」、「修正した行を強調表示する」、「カーソルのある行を強調表示する」、「特殊文字を表示する」の 4 つ項目は、様々な要素の強調表示設定を変更します。

    各種強調表示
    • 対応する括弧を強調表示する
      この機能が有効な場合、括弧(「」や()など)の文字にカーソル位置させると、対応する括弧を強調表示するようになります。
    • 修正した行を強調表示する
      この機能が有効な場合、テキストを入力する等して修正した行の左側が強調表示されるようになります。尚、CubeNote による自動保存が完了すると、強調表示は解除されます。
    • カーソルのある行を強調表示する
      この機能が有効な場合、現在のカーソル位置に下線が引かれて強調表示されるようになります。 また、下線の色を変更する事も可能です。
    • 特殊文字を表示する
      この機能が有効な場合、「改行」、「タブ」、「半角スペース」、「全角スペース」のそれぞれの文字が目に見える記号として表示されるようになります。また、これらの記号の色を変更する事も可能です。

    改行コードを文字数に含める

    CubeNote メイン画面のステータスバー(右下部分)には、現在のノートに記述されている文字数の合計が表示されています。この機能が有効な場合、「改行」も 1 文字として、文字数の合計値に含めるようになります。

    「改行コードを文字数に含める」有効・無効の比較

    その他

    ノート削除時に警告メッセージを表示する

    CubeNote のメイン画面左側のリストの内、現在選択中のノートには「×(バツ印)」と言うボタンが表示されており、このボタンをクリックする事で該当のノートを削除する事ができます。この機能が有効な場合、ノートを削除する時に、確認のための警告メッセージを表示するようになります。

    ノート削除時の警告メッセージ

    タグ削除時に警告メッセージを表示する

    CubeNote メイン画面左上のコンボボックスから「タグの追加と削除」メニューをクリックするとタグ自体の編集のための画面が表示されます。この機能が有効な場合、編集画面で何らかのタグを削除し「OK」ボタンをクリックした時に確認のための警告メッセージを表示するようになります。

    URL ダブルクリック時に既定ブラウザで開く

    この機能が有効な場合、ノート中に URL が記述されていると、その部分をダブルクリックした時に URL の示す Web ページを既定ブラウザ(Web ブラウザ)で表示できるようになります。

    ステータスバーに Cube ニュースの新着記事を表示する

    この機能が有効な場合、CubeNote メイン画面のステータスバー(左下部分)に Cube ニュース の新着記事が表示されるようになります。また、新着記事部分をクリックすると記事の詳細が、既定ブラウザ(Web ブラウザ)に表示されます。

    ソフトウェアのアップデートを確認する

    この機能が有効な場合、CubeNote のバージョンアップ時に通知されるようになります。

    印刷時の余白

    CubeNote メイン画面上部メニューの「印刷」ボタンをクリックして印刷を行う時に、上下左右の余白部分をミリメートル (mm) 単位で設定する事ができます。尚、印刷時のフォント(種類、大きさ)に関しては、「一般」タブの「フォント」で設定されている値を使用します。

    検索 URL

    CubeNote では、ノートの中で文字列を選択してマウスを右クリックすると「インターネットで検索」と言うメニューを選択する事ができます。

    インターネットで検索

    「インターネットで検索」メニューは、選択中の文字列を Cube (Cube サーチ) で検索する機能を提供しますが、この設定項目で検索時に使用する検索エンジンを変更する事ができます。例えば、検索エンジンに Google を使用したい場合には、この項目に https://www.google.co.jp/search?q= と入力します。

    自動保存間隔

    CubeNote は、記入されたメモ内容を自動的に保存しますが、この項目で自動保存機能が実行される間隔を秒単位で設定する事ができます。尚、CubeNote では、この他にも、ノートが切り替わるタイミングやアプリケーションが終了するタイミング等で自動保存を実行しています。

    データフォルダ

    CubeNote がメモの内容を管理するためのデータを保存するフォルダを選択する事ができます。この項目は、「初期値にリセット」ボタンをクリックしても(インストール時の値に復元される等の)変化を起こす事はありません。

    尚、途中でフォルダを変更した場合、変更前のデータはそのままの状態となりますので、必要応じて、データの移動・コピーや削除を行って下さい。また、この設定項目を変更した場合、CubeNote の再起動が必要になります。

カテゴリー: CubeNote, Tips

CubeWidget 天気予報の設定について

CubeWidget では、バージョン 2.2.0 より、「地域ごとの天気予報」、「1 時間以内に雨が降りそうな時に通知」と言う 2 つの新しい機能が追加されました。これらの機能を使用するには、CubeWidget 設定画面の「天気」タブより「地域/詳細地域」の設定を行う必要があります。

天気予報に関するの設定

地域ごとの天気予報

CubeWidget は、初期状態では以下のような「全国の天気予報」が表示されます。

全国の天気予報

この時、CubeWidget 設定画面の「天気」タブで「地域/詳細地域」を「全国」以外 に設定すると、「全国の天気予報」の代わりに、設定した地域の天気予報が表示されるようになります。例えば、「地域/詳細地域」を「東京都/東京」に設定した場合は、以下のような表示になります。

地域ごとの天気予報

1 時間以内に雨が降りそうな時の通知機能

これは、設定画面の「地域/詳細地域」で設定された地域において 1 時間以内に雨が降りそうな時 に、コンピュータ右下にポップアップで通知する機能です。通知される画面は以下のような形になります。

1 時間以内に雨が降りそうな時に通知される画面

尚、1 時間以内に雨が降りそうな時の通知機能については、「新着ニュースの通知」や「コンピュータの時刻のずれを通知」など、他の通知機能で使用しているポップアップ画面と同様のものを使用する事もできます。他の通知機能と同様のポップアップ画面を利用したい場合、設定画面の「降水予報通知時に専用の通知フォームを使用する」の項目をオフに設定して下さい。

1 時間以内に雨が降りそうな時の通知機能に関する設定

他の通知機能と同様のポップアップ画面を利用する場合、1 時間以内に雨が降りそうな時の通知は以下のような表示になります。

共通のポップアップ画面を利用した時の通知
カテゴリー: CubeLab, CubeWidget, Tips

CubeICE の詳細設定について

CubeICE 0.6.7β より、インストールフォルダに存在する 「CubeICE 詳細設定 (cubeice-detail.exe)」 からこれまでよりも詳細な設定を行えるようになりました。この記事では、「CubeICE 詳細設定」で表示される各項目の意味、および設定可能な値について説明します。

「CubeICE 詳細設定」には、大別して「一般」、「コンテキストメニュー」、「ショートカット」の 3 種類の設定内容が存在します。

一般

「一般」で設定可能な項目について記載します。

名前説明
Tooltip CubeICE に関連付けられている各種圧縮ファイルにマウスポインタを合わせた際に、その中に存在するファイル一覧を表示するかどうかを設定します。
TooltipCount Tooltip が有効な場合、表示する項目数を設定します。
Explorer 保存先フォルダを開く設定にしている場合、フォルダを開くのに使用するプログラムへのパスを指定します。空白の場合、Windows 標準のエクスプローラが使用されます。
ErrorReport CubeICE で圧縮/解凍を行っている最中に何らかのエラーが発生した場合、エラーの内容を確認するためのレポートダイアログを表示するかどうかを設定します。
LogLevel CubeICE での圧縮/解凍処理時にログを出力するかどうかを設定します。設定可能な値は 10、20、30、40、50、60 の 6 段階で、設定する値が小さいほど出力される情報量が多くなります。LogLevel で設定されている値が小さい場合、ログの出力処理で全体の処理速度が遅くなる事がありますので、通常時は 50 以上の値を設定する事を推奨します。
CheckUpdate CubeICE がアップデートされているかどうかををチェックするプログラムを実行するかどうかを設定します。有効にした場合、Windows の起動時にチェックプログラムが実行され、アップデート可能な場合には右下のタスクトレイに通知されるようになります。
WarnOnDetail CubeICE 詳細設定 (cubeice-detail.exe) 実行時に警告メッセージを表示するかどうかを設定します。
Filtering 圧縮、および解凍処理でフィルタリングするファイルを “|” 区切りで設定します。ファイル名にはワイルドカードとして “*” (アスタリスク) を使用する事ができます。

Compression

名前が「Compression\*」となっているものは CubeICE の圧縮処理に関する設定です。

名前説明
OutputCondition 圧縮ファイルの保存先を設定します。設定可能な値は以下の通りです。
0: 指定したフォルダ
1: 元のファイルと同じフォルダ
2: 実行時に指定する
OutputPath 圧縮ファイルの保存先パスを設定します。OutputPath が空文字の場合、デスクトップに保存されます。また、この値は OutputCondition が 0 以外の場合は無視されます。
DefaultType CubeICE による圧縮時、コマンドラインで明示的に圧縮形式を指定しなかった場合に適用される圧縮形式を設定します。
DefaultEnablePassword CubeICE による圧縮時、コマンドラインで明示的に圧縮形式を指定しなかった場合にパスワードを設定するかどうかを設定します。
Overwrite 同名のファイルが存在した場合の挙動を設定します。設定可能な値は以下の通りです。
0: 強制的に上書きします
1: 上書きの確認を行います
Filtering 圧縮時にファイルのフィルタリングを行うかどうかを設定します。
Open 圧縮処理の終了後、保存フォルダを開くかどうかを設定します。設定可能な値は以下の通りです。
0: 開かずに終了します
1: フォルダを開きます
2: 保存先フォルダがデスクトップの場合、開かずに終了します
DeleteOnMail 「圧縮してメール送信」を実行時、処理終了後に圧縮ファイルを削除するかどうかを設定します。

Decompression

名前が「Decompression\*」となっているものは CubeICE の解凍処理に関する設定です。

名前説明
OutputCondition 解凍したファイルの保存先を設定します。設定可能な値は以下の通りです。
0: 指定したフォルダ
1: 元のファイルと同じフォルダ
2: 実行時に指定する
OutputPath 解凍したファイルの保存先パスを設定します。OutputPath が空文字の場合、デスクトップに保存されます。また、この値は OutputCondition が 0 以外の場合は無視されます。
Overwrite 同名のファイルが存在した場合の挙動を設定します。設定可能な値は以下の通りです。
0: 強制的に上書きします
1: 上書きの確認を行います
2: 既に存在するファイルの日時よりも古い場合、上書きの確認を行います
CreateFolder 解凍時にフォルダを作成するかどうかを設定します。設定可能な値は以下の通りです。
0: フォルダを作成しません
1: フォルダを作成します
単一フォルダの場合、フォルダを作成しません
単一ファイル、または単一フォルダの場合、フォルダを作成しません
Filtering 解凍時にファイルのフィルタリングを行うかどうかを設定します。
Open 圧縮処理の終了後、保存フォルダを開くかどうかを設定します。設定可能な値は以下の通りです。
0: 開かずに終了します
1: フォルダを開きます
2: 保存先フォルダがデスクトップの場合、開かずに終了します
DeleteOnExtract 解凍処理成功時に元の圧縮ファイルを削除するかどうかを設定します。

コンテキストメニュー

コンテキストメニュー、および右クリックによるドラッグ&ドロップメニューを追加/編集する場合、以下のようなダイアログが表示されます。

CubeICE 詳細設定 - コンテキストメニューの編集

以下に、各項目について説明します。

名前説明
種類 通常の右クリック時に表示されるメニュー (Context) かドラッグ&ドロップ時に表示されるメニュー (Drag&Drop) のどちらの編集を行うかを設定します。この項目はコンテキストメニューの「新規作成」時のみ設定できます。
名前 コンテキストメニューに表示する名前を設定します。
実行プログラム メニュー選択時に実行するプログラムを設定します。通常は CubeICE (cubeice.exe) へのパスを設定します。
引数 「実行プログラム」で設定したプログラムに渡す引数を設定します。CubeICE で使用可能な引数一覧については後述します。
アイコン コンテキストメニューに表示するアイコンへのパスを設定します。指定されたパスが複数のアイコン画像を持っている場合、例えば、「C:\Program Files\CubeICE\cubeice.exe,1」のように “,” (コンマ) の後にインデックス番号を付加します。
表示順序 同一階層の中での表示順序を設定します。

尚、設定したコンテキストメニューを使用(表示)するためには IsExtended の値を True に設定する必要があります。

ショートカット

ショートカットを追加/編集する場合、以下のようなダイアログが表示されます。

CubeICE 詳細設定 - ショートカット

以下に、各項目について説明します。

名前説明
名前 ショートカットの表示名を設定します
ディレクトリ ショートカットを作成するディレクトリ(フォルダ)へのパスを設定します。
実行プログラム ショートカットをクリックした時に実行されるプログラムへのパスを設定します。
引数 「実行プログラム」で設定したプログラムに渡す引数を設定します。CubeICE で使用可能な引数一覧については後述します。
アイコン コンテキストメニューに表示するアイコンへのパスを設定します。指定されたパスが複数のアイコン画像を持っている場合、例えば、「C:\Program Files\CubeICE\cubeice.exe,1」のように “,” (コンマ) の後にインデックス番号を付加します。

cubeice.exe に設定可能な引数一覧

CubeICE (cubeice.exe) では、引数としてまず、以下のどちらかを設定します。

引数説明
/c[:<Kind>] CubeICE で圧縮処理を行います。”:” (コロン) に続けて圧縮形式を指定する事ができます。設定可能な値は zip, 7z, gzip, bzip2, exe, detail の 6 種類です。 /c:detail と設定した場合、実行時に圧縮の詳細設定を行うためのダイアログが表示されます。圧縮形式が設定されなかった場合、DefaultType で設定された値が使用されます。
/x CubeICE で解凍処理を行います。

その後に、必要であれば、オプション引数を設定します。設定可能なオプション引数は以下の通りです。

引数説明
/o[:<Kind>] 保存先を設定します。設定可能な値は以下の通りです。
source: 入力ファイルと同じフォルダに保存します
desktop: デスクトップに保存します
mydocuments: マイ・ドキュメントに保存します
runtime: 保存先を決定するためのダイアログを表示します
/o オプションが設定されなかった場合、OutputCondition、および OutputPath の値を基に保存先を決定します。
/p 圧縮処理時、作成する圧縮ファイルにパスワードを設定します。/p オプションを設定すると実行時にパスワードを設定するためのダイアログが表示されます。解凍処理時 (/x 指定時) にはこのオプションは無視されます。
/m 圧縮処理時、圧縮ファイル作成後にメーラを起動して新規メールに圧縮ファイルを添付します。解凍処理時 (/x 指定時) にはこのオプションは無視されます。
カテゴリー: CubeICE, Tips

CubePDF のフォント設定

CubePDF で変換された PDF ファイルはフォントが埋め込まれる設定となっているのですが、変換する文章の内容や使用するフォント等の環境によっては文字化けの発生する事例がいくつか見られています。この文字化けを回避する方法の一つに「アウトライン化して PDF に変換する」と言うものがあります。

アウトライン化の設定は、CubePDF の(仮想)プリンタのプロパティで設定する事ができます。仮想プリンタのプロパティ欄を表示する方法は、以下の通りです。

  • 何らかのアプリケーションで「印刷」ボタンを押した後、プリンターを「CubePDF」に設定し「プロパティ」ボタンを押します。
  • コントロールパネルから「デバイスとプリンター」を選択し、「CubePDF」のアイコン上でマウスを右クリックして「プリンターのプロパティ」を選択します(WindowsXP の場合は、コントロールパネルから「プリンタと FAX」を選択し、「CubePDF」のアイコン上でマウスを右クリックして「印刷設定」を選択します)。

そうすると以下のダイアログが表示されるので、「基本設定」→「詳細設定」を選択します。
CubePDF のプロパティ

「CubePDF 詳細オプション」ダイアログの「PostScript オプション」→「TrueType フォント ダウンロード オプション」のリストボックスをクリックすると、以下のような選択肢が表示されますので「アウトライン」を選択します。
CubePDF 詳細オプション

「アウトライン」を選択すると、常に文字列がベクターデータとして印刷(PDF に変換)されます。また、「ビットマップ」を選択すると文字列がビットマップデータとして、「Native TrueType」を選択すると常に「文字列」として印刷されます。尚、「TrueType フォント ダウンロード オプション」の初期設定である「自動」を選択すると、文字列をどのような形(文字列のまま、ベクターデータ、ビットマップデータ)で印刷するかは、プリンタによる自動判定となります。

カテゴリー: CubePDF, Tips