CubePDF Utility 0.5.4β

CubePDF Utility 0.5.4β をリリースしました。0.5.4β での修正点は下記の通りです。

  • 詳細を設定して抽出機能を追加しました。

    0.5.0β 以降、抽出機能に関しては「選択ページを抽出」のみに制限されていました。0.5.4β では、設定用画面を新たに設ける事により、抽出条件を柔軟に変更できるようにしました。メイン画面の「詳細を設定して抽出」メニューをクリックすると、下記のような画面が表示されます。

    詳細を設定して抽出

    出力ファイル形式として、PDF に加えて PNG 形式にも対応しました。尚、PNG の場合、出力される画像ファイルのサイズ(幅x高さ)を決定するために解像度を指定して下さい。例えば、A4 サイズの PDF ファイルを PNG ファイルとして抽出した場合、72dpi なら 595 x 847px、300dpi なら 2480 x 3508px の画像として保存されます。また、PNG ファイルの性質上「1 ページ毎に個別のファイルとして保存」オプションは無視されます(1 ページ 1 ファイルの形に強制)。

  • サムネイルおよびプレビュー画面の表示方法を改善しました。

    0.5.0β 以降、PDF ファイルによってはサムネイルおよびプレビュー画面の表示が不明瞭な現象が確認されていました。0.5.4β では、描画方法を見直す事により、これらの問題を改善しました。また、これまでは PDF に含まれる注釈の内容は表示されていませんでしたが、注釈の内容も含めて表示されるように修正しました。

    尚、現在 CubePDF Utility は PDF の描画用ライブラリとして PDFium を利用していますが、このライブラリを Google Chrome の現在の最新バージョンである Chromium 76 相当のものに更新しました。PDFium ライブラリをビルドする環境が整いましたので、今後は、Google Chrome の更新に合わせて CubePDF Utility で使用している PDFium (pdfium.dll) も自社で追随して更新していく予定です。

  • メモリ消費量を改善しました。

CubePDF Utility をお使いの方は、https://www.cube-soft.jp/cubepdfutility/ より最新版への更新をお願いいたします。

カテゴリー: CubePDF Utility, Release

変換された PDF の色がおかしくなる現象について

現在、主に PDF ファイルを CubePDF 経由で再度 PDF に変換した場合、下図のように変換された PDF のテキストの色が赤くなる等の現象が確認されています。

変換された PDF の色がおかしくなる現象について

この現象への対応方法に関しては、現在検討中ですが、暫定的な回避策として Ghostscript 9.26 を利用するバージョンを公開しました。該当の現象が発生した場合、下記のインストーラを用いて再インストールを試して下さい。

また、PDF ファイルの結合やパスワードの設定等の PDF ファイルの編集を目的とする場合、CubePDF Utility や CubePDF Page の利用も併せてご検討をお願いします。

カテゴリー: CubePDF

CubePDF 1.0.0 および CubeVP の提供を開始

CubePDF は 2010 年 7 月 7 日に公開を開始して以降、数多くのバージョンアップを重ねてきましたが、この度、正式版となる CubePDF 1.0.0 をリリースしました。1.0.0 の修正点は下記の通りです。

  • Ghostscript 9.27 のバージョンアップに対応しました。
  • Ghostscript エラー (-100) が発生する現象を改善しました。
  • CubePDF インストール時、登録されているプリンタ数がゼロの時に発生する不都合を修正しました。

CubePDF は、これからも多くのユーザにとってより良い形になるよう、バージョンアップによる改善を続けて参ります。

有償版カスタム仮想プリンタ CubeVP の提供を開始

また、本日より有償版のカスタム仮想プリンタである CubeVP の提供を開始しました。

CubePDF を公開して以降、これまで数多くのカスタマイズのご依頼を頂いてきました。しかし、そう言ったご要望の中には、汎用的な動作として CubePDF に組み込む事が難しいものも多く、 個別に対応する場合にもユーザプログラムとの連携等の課題に直面する事もありました。

有償版カスタム仮想プリンタ CubeVP の概要

そこでCubeVP では、上図のように、仮想プリンタから任意のユーザプログラムを直接実行できる仕組みをご提供いたします。 また、これに加えて、CubePDF メインプログラム(cubepdf.exe) で使用している変換処理に関する技術情報も積極的に公開していく事により、 ユーザプログラムでCubePDF と同等の変換処理を手軽に導入できるように技術的サポートも行ってまいります。詳細に関しては、CubeVP の Web ページを参照下さい。

CubePDF は、これからも無償による公開を続けて参ります。有償版の CubeVP とともに、これからもよろしくお願いいたします。

カテゴリー: CubePDF, CubeVp, Release

CubePDF Utility 0.5.3β

CubePDF Utility 0.5.3β をリリースしました。0.5.3β での修正点は下記の通りです。

  • 一部の環境で、関連付けられたアイコンの表示処理が原因でエラーとなる不都合を修正しました。
  • Ctrl クリックで複数の項目を選択できない不都合を修正しました。

CubePDF Utility をお使いの方は、https://www.cube-soft.jp/cubepdfutility/ より最新版への更新をお願いいたします。

カテゴリー: CubePDF Utility, Release

CubeICE 0.9.1β

CubeICE 0.9.1β をリリースしました。0.9.1β での修正点は下記の通りです。

  • 未対応形式のファイルが指定された時のエラーメッセージを修正しました

    CubeICE で未対応形式、または圧縮形式ではないファイルを指定した際のエラーメッセージを分かりやすい文言に修正しました。

    未対応形式のファイルが指定された時のエラーメッセージ

    尚、上記のエラーメッセージが表示された場合、指定したファイルが圧縮ファイルではない可能性が高いと予想されますので、今一度、指定したファイル内容をご確認頂くようお願いいたします。

  • ファイル一覧の表示機能を完全に無効化できるように修正しました

    ファイル一覧の表示機能

    CubeICE には、圧縮ファイルにマウスカーソルを当てた時にファイル一覧を表示する機能があります。この機能は、CubeICE 設定の「詳細」タブ、「圧縮ファイルのツールチップにファイル一覧を表示する」の項目より有効・無効の設定が可能です。ただ、これまでのバージョンでは、無効時には該当のライブラリ(シェル拡張)をロードした上で無効時の、すなわち標準と同じ挙動を示すようにしていました。

    0.9.1βでは、無効設定時にはシェル拡張用ライブラリの読み込み自体を無効化するように修正しました。尚、これに伴い、CubeICE 設定にて、該当設定を変更する際にも管理者権限が要求されるようになります。

  • 特定の条件でファイルの関連付け設定が機能しない不都合を修正しました。
  • タスクバーの進捗表示機能に関する不都合を修正しました。
  • パスワード入力画面で、特定の条件で OK ボタンが押せなくなる不都合を修正しました。
  • 7-Zip 19.00 の修正を適用しました。

CubeICE をお使いの方は、https://www.cube-soft.jp/cubeice/ より最新版への更新をお願いいたします。

カテゴリー: CubeICE, Release