CubePDF Utility 0.5.2β

CubePDF Utility 0.5.2β をリリースしました。0.5.2β での修正点は下記の通りです。

  • 32bit 版の CubePDF Utility で、パスワードで保護された PDF ファイルが開けない不都合を修正しました。
  • プレビュー画面の表示処理を改善しました。
  • 高 DPI 設定時にサムネイルの表示が崩れる不都合を修正しました。
  • ステータスバーに選択項目数が表示されない不都合を修正しました。
  • Ctrl+Q でアプリケーションが終了するように修正しました(0.4.1β 互換)。
  • 最近使用した項目で表示しているアイコンを「ファイルに関連付けられたアイコン」を使用するように変更しました。

CubePDF Utility をお使いの方は、https://www.cube-soft.jp/cubepdfutility/ より最新版への更新をお願いいたします。

カテゴリー: CubePDF Utility, Release

CubePDF 1.0.0RC17

CubePDF 1.0.0RC17 をリリースしました。1.0.0RC17 での修正点は下記の通りです。

  • 出力ファイル名の初期値が、特定の条件で文字化けする不都合を修正しました。
  • インストール時の挙動を改善しました。
  • Ghostscript 9.26 に更新しました。尚、9.26 ではセキュリティに関する修正が行われているようなので、可能な限り CubePDF のアップデートをお願いします(参考:Recent Changes in Ghostscript)。

CubePDF をお使いの方は、http://www.cube-soft.jp/cubepdf/ より最新版への更新をお願いいたします。

カテゴリー: CubePDF, Release

CubePDF 1.0.0RC16

CubePDF 1.0.0RC16 をリリースしました。1.0.0RC16 での修正点は下記の通りです。

  • 名前を付けて保存ダイアログの挙動を修正しました

    CubePDF 1.0.0RC12 以降、出力ファイルに設定されているパスのフォルダ部分を「名前を付けて保存」ダイアログの初期表示フォルダとして指定していました。しかし、この挙動が使いづらくなったと言う指摘をいくつか頂いたため、CubePDF 1.0.0RC16 では、1.0.0RC11 以前と同様、初期表示フォルダ明示的に指定せず Windows に任せる形に修正しました。

    名前を付けて保存ダイアログ
  • PDF に埋め込まれた画像に対して、CubePDF メイン画面で設定した解像度の値が反映されない不都合を修正しました。
  • インストーラの英語表示に対応しました。

    CubePDF のメイン画面は CubePDF 1.0.0RC9 にて英語表示に対応しましたが、インストーラは日本語表示のままでした。1.0.0RC16 では、インストーラも含めて全て英語表示に対応しました。尚、インストーラに関しては、Windows の言語設定に応じて自動的に表示言語を切り替えるようになっています。

    CubePDF インストーラの英語表示
  • CubePDF のインストールおよびアンインストール処理を修正しました。特に、CubePDF プリンタのインストール処理に対して改善を図っています。

CubePDF をお使いの方は、http://www.cube-soft.jp/cubepdf/ より最新版への更新をお願いいたします。

カテゴリー: CubePDF, Release

CubePDF Utility 0.5.1β

CubePDF Utility 0.5.1β をリリースしました。0.5.1β での修正点は下記の通りです。

  • 0.4.1β から 0.5.0β の変更時に移行できていなかった機能を再実装しました。

    CubePDF Utility 0.5.0β では起動速度等の向上のために大幅な修正を行いましたが、この都合で一部の機能が 0.4.1β から移行できていませんでした。0.5.1β では、下記の機能について再実装しました。

    • プロセス間(複数の CubePDF Utility 画面)を跨ぐドラッグ&ドロップによる PDF ページの移動または挿入機能
    • 「詳細を設定して挿入」機能
    • PNG, JPEG, BMP 画像を PDF ページとして挿入する機能(挿入するファイルとして選択可能)
    • CubePDF Utility メイン画面の画面サイズ保持機能

  • パスワード保護された PDF ファイルの編集に関する不都合を修正しました。

    0.5.0β では、編集しようとした PDF ファイルが「既にパスワードによって保護されているが、閲覧用パスワードが設定されていない(ファイルを開く際にパスワードを求められない)」場合に編集できない不都合がありました。

    0.5.1β では、パスワードによって保護されている PDF ファイルを開こうとした時、常に「管理用パスワード (Owner password)」の入力を求めるように変更しました。ただし、内部処理の都合上、パスワードで保護されているかどうかが保存する直前まで判別できない PDF ファイルが存在します。この場合には、保存実行時に管理用パスワードの入力を求められます。

  • CubePDF Utility メイン画面のスクロールバーをクリックした時に選択状況が解除される不都合を修正しました。

CubePDF Utility をお使いの方は、https://www.cube-soft.jp/cubepdfutility/ より最新版への更新をお願いいたします。

カテゴリー: CubePDF Utility, Release

CubePDF 1.0.0RC15

CubePDF 1.0.0RC15 をリリースしました。

CubePDF 1.0.0RC15 では Ghostscript 9.25 のバージョンアップに対応しています。Ghostscript 9.25 では、先日の脆弱性に関連する修正も含まれるようですので、CubePDF をお使いの方は、http://www.cube-soft.jp/cubepdf/ より最新版への更新をお願いいたします。

尚、今回の脆弱性に関する CubePDF 側の対応方法に関しては、下記も参照下さい。

カテゴリー: CubePDF, Release