CubePDF Utility 0.5.3β

CubePDF Utility 0.5.3β をリリースしました。0.5.3β での修正点は下記の通りです。

  • 一部の環境で、関連付けられたアイコンの表示処理が原因でエラーとなる不都合を修正しました。
  • Ctrl クリックで複数の項目を選択できない不都合を修正しました。

CubePDF Utility をお使いの方は、https://www.cube-soft.jp/cubepdfutility/ より最新版への更新をお願いいたします。

カテゴリー: CubePDF Utility, Release

CubeICE 0.9.1β

CubeICE 0.9.1β をリリースしました。0.9.1β での修正点は下記の通りです。

  • 未対応形式のファイルが指定された時のエラーメッセージを修正しました

    CubeICE で未対応形式、または圧縮形式ではないファイルを指定した際のエラーメッセージを分かりやすい文言に修正しました。

    未対応形式のファイルが指定された時のエラーメッセージ

    尚、上記のエラーメッセージが表示された場合、指定したファイルが圧縮ファイルではない可能性が高いと予想されますので、今一度、指定したファイル内容をご確認頂くようお願いいたします。

  • ファイル一覧の表示機能を完全に無効化できるように修正しました

    ファイル一覧の表示機能

    CubeICE には、圧縮ファイルにマウスカーソルを当てた時にファイル一覧を表示する機能があります。この機能は、CubeICE 設定の「詳細」タブ、「圧縮ファイルのツールチップにファイル一覧を表示する」の項目より有効・無効の設定が可能です。ただ、これまでのバージョンでは、無効時には該当のライブラリ(シェル拡張)をロードした上で無効時の、すなわち標準と同じ挙動を示すようにしていました。

    0.9.1βでは、無効設定時にはシェル拡張用ライブラリの読み込み自体を無効化するように修正しました。尚、これに伴い、CubeICE 設定にて、該当設定を変更する際にも管理者権限が要求されるようになります。

  • 特定の条件でファイルの関連付け設定が機能しない不都合を修正しました。
  • タスクバーの進捗表示機能に関する不都合を修正しました。
  • パスワード入力画面で、特定の条件で OK ボタンが押せなくなる不都合を修正しました。
  • 7-Zip 19.00 の修正を適用しました。

CubeICE をお使いの方は、https://www.cube-soft.jp/cubeice/ より最新版への更新をお願いいたします。

カテゴリー: CubeICE, Release

CubePDF 1.0.0RC19

CubePDF 1.0.0RC19 をリリースしました。

1.0.0RC19 では、CubePDF プリンタ(仮想プリンタ)のインストール処理に関する改善が行われました。CubePDF では 1.0.0RC16 以降、CubePDF プリンタのインストール処理のさらなる安定化を目標の一つとして更新を続けています。もし、インストールの失敗や CubePDF プリンタが作成されなかった等の不都合がありましたら、下記のログファイルを添付して support@cube-soft.jp までお知らせ下さい。

C:\ProgramData\CubeSoft\CubePDF\CubePinstaller.log

CubePDF をお使いの方は、https://www.cube-soft.jp/cubepdf/ より最新版への更新をお願いいたします。

カテゴリー: CubePDF, Release

CubePDF 1.0.0RC18

CubePDF 1.0.0RC18 をリリースしました。1.0.0RC18 での修正点は下記の通りです。

  • 文書プロパティを「設定を保存」機能の対象となるように拡張しました

    CubePDF には「設定の保存」機能が存在しますが、この機能の対象はこれまで「一般」および「その他」タブに存在する項目に限られていました。1.0.0RC18 では、これに加えて、「文書プロパティ」タブの各項目も設定の保存機能の対象となるように修正しました。

    ただし、PDF の文書プロパティに関しては、「タイトル」、「作成者」、「サブタイトル」、「キーワード」のいずれかの項目が入力されている状態で「設定を保存」ボタンを押すと、以下のような警告を表示するようにしています。

    設定を保存時の警告

    「タイトル」や「作成者」等の内容を入力して「設定を保存」ボタンを押すと、その時点の情報が次回以降に作成する PDF ファイルにも自動的に挿入される事となります。これらの内容に対して「設定を保存」機能を使用する場合、その点にご注意下さい。

  • 名前を付けて保存ダイアログの挙動を選択可能にしました

    CubePDF 1.0.0RC16 にて「名前を付けて保存」ダイアログの挙動を 1.0.0RC11 以前に戻しましたが、1.0.0RC18 では、どちらの挙動にするのかをユーザが選択可能な形に再修正しました。

    ただし、この設定は CubePDF メイン画面から行う事はできません。初期設定は CubePDF 1.0.0RC16 以降の挙動であるため、1.0.0RC12~RC15 時代の挙動に変更したい場合は、レジストリを以下のように編集して下さい。

    サブキーHKEY_CURRENT_USER\Software\CubeSoft\CubePDF\v2
    名前ExplicitDirectory
    種類REG_DWORD
    データ1
  • CubePDF プリンタのインストール処理を改善しました

CubePDF をお使いの方は、http://www.cube-soft.jp/cubepdf/ より最新版への更新をお願いいたします。

カテゴリー: CubePDF, Release

CubePDF Utility 0.5.2β

CubePDF Utility 0.5.2β をリリースしました。0.5.2β での修正点は下記の通りです。

  • 32bit 版の CubePDF Utility で、パスワードで保護された PDF ファイルが開けない不都合を修正しました。
  • プレビュー画面の表示処理を改善しました。
  • 高 DPI 設定時にサムネイルの表示が崩れる不都合を修正しました。
  • ステータスバーに選択項目数が表示されない不都合を修正しました。
  • Ctrl+Q でアプリケーションが終了するように修正しました(0.4.1β 互換)。
  • 最近使用した項目で表示しているアイコンを「ファイルに関連付けられたアイコン」を使用するように変更しました。

CubePDF Utility をお使いの方は、https://www.cube-soft.jp/cubepdfutility/ より最新版への更新をお願いいたします。

カテゴリー: CubePDF Utility, Release