カテゴリー別アーカイブ: CubePDF

変換された PDF の色がおかしくなる現象について

現在、主に PDF ファイルを CubePDF 経由で再度 PDF に変換した場合、下図のように変換された PDF のテキストの色が赤くなる等の現象が確認されています。

変換された PDF の色がおかしくなる現象について

この現象への対応方法に関しては、現在検討中ですが、暫定的な回避策として Ghostscript 9.26 を利用するバージョンを公開しました。該当の現象が発生した場合、下記のインストーラを用いて再インストールを試して下さい。

また、PDF ファイルの結合やパスワードの設定等の PDF ファイルの編集を目的とする場合、CubePDF Utility や CubePDF Page の利用も併せてご検討をお願いします。

カテゴリー: CubePDF

CubePDF 1.0.0 および CubeVP の提供を開始

CubePDF は 2010 年 7 月 7 日に公開を開始して以降、数多くのバージョンアップを重ねてきましたが、この度、正式版となる CubePDF 1.0.0 をリリースしました。1.0.0 の修正点は下記の通りです。

  • Ghostscript 9.27 のバージョンアップに対応しました。
  • Ghostscript エラー (-100) が発生する現象を改善しました。
  • CubePDF インストール時、登録されているプリンタ数がゼロの時に発生する不都合を修正しました。

CubePDF は、これからも多くのユーザにとってより良い形になるよう、バージョンアップによる改善を続けて参ります。

有償版カスタム仮想プリンタ CubeVP の提供を開始

また、本日より有償版のカスタム仮想プリンタである CubeVP の提供を開始しました。

CubePDF を公開して以降、これまで数多くのカスタマイズのご依頼を頂いてきました。しかし、そう言ったご要望の中には、汎用的な動作として CubePDF に組み込む事が難しいものも多く、 個別に対応する場合にもユーザプログラムとの連携等の課題に直面する事もありました。

有償版カスタム仮想プリンタ CubeVP の概要

そこでCubeVP では、上図のように、仮想プリンタから任意のユーザプログラムを直接実行できる仕組みをご提供いたします。 また、これに加えて、CubePDF メインプログラム(cubepdf.exe) で使用している変換処理に関する技術情報も積極的に公開していく事により、 ユーザプログラムでCubePDF と同等の変換処理を手軽に導入できるように技術的サポートも行ってまいります。詳細に関しては、CubeVP の Web ページを参照下さい。

CubePDF は、これからも無償による公開を続けて参ります。有償版の CubeVP とともに、これからもよろしくお願いいたします。

カテゴリー: CubePDF, CubeVp, Release

CubePDF 1.0.0RC19

CubePDF 1.0.0RC19 をリリースしました。

1.0.0RC19 では、CubePDF プリンタ(仮想プリンタ)のインストール処理に関する改善が行われました。CubePDF では 1.0.0RC16 以降、CubePDF プリンタのインストール処理のさらなる安定化を目標の一つとして更新を続けています。もし、インストールの失敗や CubePDF プリンタが作成されなかった等の不都合がありましたら、下記のログファイルを添付して support@cube-soft.jp までお知らせ下さい。

C:\ProgramData\CubeSoft\CubePDF\CubePinstaller.log

CubePDF をお使いの方は、https://www.cube-soft.jp/cubepdf/ より最新版への更新をお願いいたします。

カテゴリー: CubePDF, Release

CubePDF 1.0.0RC18

CubePDF 1.0.0RC18 をリリースしました。1.0.0RC18 での修正点は下記の通りです。

  • 文書プロパティを「設定を保存」機能の対象となるように拡張しました

    CubePDF には「設定の保存」機能が存在しますが、この機能の対象はこれまで「一般」および「その他」タブに存在する項目に限られていました。1.0.0RC18 では、これに加えて、「文書プロパティ」タブの各項目も設定の保存機能の対象となるように修正しました。

    ただし、PDF の文書プロパティに関しては、「タイトル」、「作成者」、「サブタイトル」、「キーワード」のいずれかの項目が入力されている状態で「設定を保存」ボタンを押すと、以下のような警告を表示するようにしています。

    設定を保存時の警告

    「タイトル」や「作成者」等の内容を入力して「設定を保存」ボタンを押すと、その時点の情報が次回以降に作成する PDF ファイルにも自動的に挿入される事となります。これらの内容に対して「設定を保存」機能を使用する場合、その点にご注意下さい。

  • 名前を付けて保存ダイアログの挙動を選択可能にしました

    CubePDF 1.0.0RC16 にて「名前を付けて保存」ダイアログの挙動を 1.0.0RC11 以前に戻しましたが、1.0.0RC18 では、どちらの挙動にするのかをユーザが選択可能な形に再修正しました。

    ただし、この設定は CubePDF メイン画面から行う事はできません。初期設定は CubePDF 1.0.0RC16 以降の挙動であるため、1.0.0RC12~RC15 時代の挙動に変更したい場合は、レジストリを以下のように編集して下さい。

    サブキーHKEY_CURRENT_USER\Software\CubeSoft\CubePDF\v2
    名前ExplicitDirectory
    種類REG_DWORD
    データ1
  • CubePDF プリンタのインストール処理を改善しました

CubePDF をお使いの方は、http://www.cube-soft.jp/cubepdf/ より最新版への更新をお願いいたします。

カテゴリー: CubePDF, Release

CubePDF 1.0.0RC17

CubePDF 1.0.0RC17 をリリースしました。1.0.0RC17 での修正点は下記の通りです。

  • 出力ファイル名の初期値が、特定の条件で文字化けする不都合を修正しました。
  • インストール時の挙動を改善しました。
  • Ghostscript 9.26 に更新しました。尚、9.26 ではセキュリティに関する修正が行われているようなので、可能な限り CubePDF のアップデートをお願いします(参考:Recent Changes in Ghostscript)。

CubePDF をお使いの方は、http://www.cube-soft.jp/cubepdf/ より最新版への更新をお願いいたします。

カテゴリー: CubePDF, Release