CubeNote のデータ復旧方法

CubeNote では、データが消失しないように細心の注意を払って作成していますが、何らかの理由で稀に、これまでに書き留めたノートが表示されなくなる場合があるようです。この記事では、ノートが表示されなくなった時のデータ復旧方法について記載します。

尚、この機能は CubeNote 0.1.1β で導入されました。CubeNote 0.1.0βを使用しているユーザは最新版へのアップデートをお願いいたします。

データフォルダの確認

まず始めに、データフォルダが正常に設定されているかどうかを確認し、保存場所と異なる場所が設定されている場合は正しいフォルダを再設定します。データフォルダは、CubeNote 右上の設定ボタンから設定画面を開き、「その他」タブの「データフォルダ」の項目で確認する事ができます。

CubeNote データフォルダの確認

データフォルダの初期値は C:\Users\<ユーザ名>\AppData\Local\CubeSoft\CubeNote です。尚、一度も設定を変更した事のないユーザは、この確認はスキップしても構いません。

CubeNoteRecovery の実行

次に、CubeNoteRecovery をダブルクリックして実行します。CubeNoteRecovery は CubeNote をインストールしたフォルダにあります。

CubeNoteRecovery の実行

処理が正常に終了した場合、CubeNote が起動しますのでノートが表示されているかどうかご確認下さい。尚、CubeNoteRecovery で復旧可能なものはノート自体のみとなっています。タグ情報に関しては、現段階では残念ながら復旧する事はできません。

それでも復旧できなかった場合……

CubeNoteRecovery で復旧できなかった場合は、残念ながら、現段階では自動で復旧する方法はありません。CubeNote は、内部的には 1 つのノートを 1 つのテキストファイルとして管理しています。データフォルダの Inbox フォルダにある各種ファイルが各ノートに対応していますので、お手数をおかけしますが、該当のファイルをメモ帳等のテキストエディタで開く等して、手動でのデータ復旧をお願いいたします。

手動によるデータ復旧
カテゴリー: CubeNote, Tips

CubePDF 1.0.0RC11

CubePDF 1.0.0RC11 をリリースしました。1.0.0RC11 での変更・修正点は以下の通りです。

  • リモートデスクトップに関わる不都合を修正しました

    CubePDF 1.0.0RC9 以降、主にリモートデスクトップで複数のユーザが同時に接続して CubePDF を使用する場合、正常に機能しない事があるとのご報告を頂いておりました。1.0.0RC11 では該当部分の処理内容を見直し、複数ユーザが同時に接続されるような環境であっても正常に機能するように修正しました。

    また、併せて CubePDF の実行タイミングを修正しました。これまでは、CubePDF プリンタに対して複数の印刷ジョブが登録された場合、1 つの印刷ジョブが完全に終了(CubePDF メイン画面の「変換」ボタンが押され、PDF 等の変換が完了)するまで次の印刷ジョブを実行しない形となっていましたが、1.0.0RC11 では CubePDF の変換処理の完了を待たずに次の印刷ジョブを実行する形へと修正しました。

  • 表示言語に関する不都合を修正しました

    Microsoft .NET Framework 4.0 以降がインストールされていない環境において CubePDF を実行すると、パソコンの言語設定が日本語であるにも関わらず英語で表示される不都合を修正しました。

CubePDF をお使いの方は、http://www.cube-soft.jp/cubepdf/ より最新版への更新をお願いいたします。

カテゴリー: CubePDF, Release

CubeWidget 2.5.0

CubeWidget 2.5.0 をリリースしました。2.5.0 での変更・修正点は以下の通りです。

  • 様々な表示方法が選択可能になりました

    CubeWidget 2.5.0 では、2.4.0 までの表示方法 (クラシックモード) に加えて、ブラウザモード、コンパクトモードの 2 種類の表示方法を追加しました。

    クラシックモード (CubeWidget 2.4.0 までの表示方法) では、ニュースや天気予報などのメニューをクリックするとその内容を既定のブラウザで開く形となっていましたが、2.5.0 のブラウザモードでは、内臓しているブラウザに内容を表示するようになります。

    コンパクトモードは、小さな画面に新着ニュース記事のタイトルのみを表示します。作業の片手間などに画面を占有されずにニュースを確認したいと言った時に便利です。

    表示モードの変更方法

    クラシックモードとブラウザモードについては、現在の表示幅に応じて自動的に切り替わります。コンパクトモードについては、画面右上にあるボタンをクリックする事で表示モードを切り替える事ができます。

  • 様々な通貨ペアの現在の取引価格を確認する「為替」メニューを追加しました。メニュー上では、ドル/円、ユーロ/円等の 13 通貨ペアの取引価格を確認する事ができます。また、ブラウザモードでは 26 通貨ペアの現在の取引価格およびチャートを確認する事もできます。

CubeWidgetをお使いの方は、http://s.cube-soft.jp/widget/ より最新版への更新をお願いいたします。

カテゴリー: CubeLab, CubeWidget, Release

CubePDF Clip 1.0.1

CubePDF Clip 1.0.1 をリリースしました。

CubePDF Clip 1.0.0 では、ファイルを添付する際に対象となるファイルが他のプロセスによって使用されている場合、そのまま何もせず終了すると言う挙動となっていましたが、1.0.1 では、ファイル追加時に警告メッセージを表示するように修正しました。

CubePDF Clip をお使いの方は、http://www.cube-soft.jp/cubelab/ より最新版への更新をお願いいたします。

カテゴリー: CubeLab, Release

CubePDF Clip 1.0.0

本日、PDF にファイルを添付するソフトウェア CubePDF Clip をリリースしました。

CubePDF Clip メイン画面

CubePDF Clip は、PDF ファイルに対して、テキスト、画像、音楽、動画などの他のファイルを添付するためのソフトウェアです。

使い方は、まず、添付元となる PDF ファイルをメイン画面右上のボタンやドラッグ&ドロップを通じて選択します。そして、選択された PDF ファイルに添付したいファイルを「追加」ボタンまたはドラッグ&ドロップを通じてファイルリストに登録し「保存」ボタンを押すと、PDF ファイルに対して各種ファイルを 添付して上書き保存されます。

また、PDF ファイルに対して既に何らかのファイルが添付されている場合は、上記画像のように、「添付済」と言う表記でファイル一覧が表示されます。このファイルを「削除」ボタンで削除する事によって、PDF ファイルから添付ファイルを削除する事も可能です。間違って添付ファイルを削除した場合は、「保存」ボタンを押す前であれば、「リセット」ボタンを押す事により PDF ファイルが読み込まれた直後の添付状況にリセットされます。

注意

PDF ファイルにファイルを添付する方法は、以下の 2 通りが存在します。

  1. コンテンツとしてファイルを添付
  2. 注釈としてファイルを添付

これらの内、CubePDF Clip で編集可能なのは 1. の「コンテンツとしてファイルを添付」となります。2. の「注釈としてファイルを添付」および注釈として添付されたファイルを削除する事はできないので、ご注意下さい。PDF ファイルへの添付に関する詳細は、PDF 文書にファイルを添付する方法を参照下さい。

CubePDF Clip は、ダウンロードページ より個人・法人を問わず無料でご利用する事ができます。是非お試し下さい。

カテゴリー: CubeLab, Release