CubePDF Utility 0.3.4β

CubePDF Utility 0.3.4β をリリースしました。変更・修正点は以下の通りです。

  • ファイル名に特定の文字が含まれている場合、ファイルを開く処理に失敗する不都合を修正しました。
  • ファイルの保存処理に失敗した時に、修正元のファイルが消失しないように修正しました。
    また、万が一、修正元のファイルが消失してしまった場合には、メッセージの表示とともにバックアップフォルダを開くように修正しました。
  • セキュリティ画面において、何らかの操作を制限している状況で閲覧専用のパスワードを省略した場合、エラーメッセージを表示するように修正しました。
  • パスワード保護されているファイルに対して編集を行おうとした時にパスワード入力画面を表示するように修正しました。

CubePDF Utility をお使いの方は、http://www.cube-soft.jp/cubepdfutility/ より最新版への更新をお願いいたします。

カテゴリー: CubePDF Utility, Release   パーマリンク

コメントは受け付けていません。