CubePDF での画像圧縮方法とファイルサイズ

CubePDF 1.0.0RC1 より、PDF に埋め込まれている画像を JPEG 圧縮するかどうかをユーザが設定できるようになりました(CubePDF 1.0.0RC1 参照)。画像の JPEG 圧縮機能に関する設定は、初期状態ではオフになっています。そのため、初期設定のまま PDF に変換すると、CubePDF 0.9.9.5β のときよりも生成されるファイルサイズが大きくなります。

PDF に埋め込まれている画像を JPEG 圧縮してファイルサイズを小さくするには、CubePDF のメイン画面において「詳細設定」タブの「画像を Jpeg 圧縮」チェックボックスを有効にします。尚、その際に同タブにある「設定を保存する」チェックボックスも同時に有効にすると、次回以降、「画像を Jpeg 圧縮」の設定が有効になった状態で起動するようになります。
CubePDF の「画像を Jpeg 圧縮」設定

関連記事

カテゴリー: CubePDF, Tips   パーマリンク

コメントは受け付けていません。